停電になった!役に立ったもの☆あったら便利なもの

停電時の様子 防災

10月のある日、カズペは午後2時から11時頃まで約8時間の停電を体験しました。

パートナーは仕事で不在で、子ども二人と真っ暗闇の中でした・・・。

今までは長くても2時間ぐらいで復旧していたのだけど、こんなに長く暗い時間の停電を経験したのは初めてでした。

 

停電は突然やってきます。

地震や自然災害などが発生していなくても止まることがあります↓

今回は停電時にあったらいいものをまとめてみました☆

 

停電するとどうなるの?

家の中の生活にないと特に困るモノで、停電時に使えるものと使えないものはこちらです↓

今回は電気のみ止まっている状況で書いています。

停電時に外出する時はブレーカーを切っていきましょう。

使えるモノ

水道

浄水場や給水場には自家発電設備があり、停電になっても水を送ることができます。

カズペのうちは一軒家で、今回は浄水場や給水場のあたりは停電になっておらず水は問題なくでていました。

マンションなどの集合住宅の場合は水をモーターでくみ上げているため、停電になると水道も止まるかもしれないので注意が必要です。

 

トイレ

断水していなければ使えます。

ウォシュレットや便座を温める機能などは使えませんが、水を流すだけなら普通にできます。

うちも問題なく使えました。暗いと不便ですが↓

最近のトイレは水を流す時に電子制御がかかっているものがある(水を流すボタンが壁にあったり)ので、その場合は水が流せません。

手動で水を流す方法があるので、普段から確認しておくといいですね。

マンションなどの集合住宅の場合は水道と同じで、使えなくなるかもしれません。

 

ガスコンロ

電池で着火するタイプのガスコンロも使えます。

うちもこのタイプでプロパンガスなので、問題なく使うことができました。

電気で着火するタイプのガスコンロや電気コンロ(IHクッキングヒーター)は使うことができません。

 

充電式の電子機器

スマートフォン、ノートパソコン、タブレットなどは充電があれば使うことができます。情報収集に役立ちますね☆

 

使えないモノ

照明器具

照明器具は使えないので、夜間は困ります。

 

冷蔵庫

冷蔵庫も使えません。

電気が止まって3時間ほどで庫内の温度が上昇し始めますが、半日程度なら食材が腐ったり氷が溶けだすことはないようです。

庫内の温度を保つためにドアの開け閉めを控えて、普段から冷凍庫には保冷剤を入れっぱなしにしておくといいです。

こうしておくと電気が止まってもクーラーボックスの状態をつくることができます。

うちは8時間ほどの停電でしたが、庫内の食材は大丈夫でした。

停電が長引くなら生ものは調理して早めに食べ、アイスも溶けるまえに食べちゃいましょう☆

 

エアコン・こたつなどの冷暖房機器

安全のため伝熱機具(アイロン・ドライヤー・こたつ・ストーブ)は電源を切っておきましょう。

 

充電できない電子機器

デスクトップPCやプリンターなど

 

8時間の停電を体験

台風の影響で電力会社の施設に樹木などの接触があり、停電になったようです。

電力会社の停電履歴を観てみると、9月から10月初めは台風が多く停電がいろいろな場所で発生していました↓

 

カズペの家は午後2時から停電になり、4時半ごろに復旧しました。

ご飯をつくれる!お風呂に入れる!とホッとして、バスタブにお湯をはり息子がお風呂に。

・・・が、息子入浴中の5時半にまた停電になってしまいました!

10月だと5時半ごろはかなり日が落ちていて、懐中電灯を持ってあわてて息子を迎えにいくと、もう脱衣所でパジャマを着て落ち着いていたので安心しました。

窓から外を見ると街灯も消えて真っ暗闇です・・・

「復旧していますので・・」と放送しながら走っている電力会社の車の放送だけが聞こえてきます。

 

夜ご飯は調理しようと思えばできましたが、もうめんどくさくなり子ども2人とロウソクの明かりでカップメンを食べました。

トイレに行くのも真っ暗で少し困りました。

この日はなかなか復旧しなかったので、やることもないので早めに寝てしまいました。

 

翌朝目覚めると電気は復旧していて、パートナーも帰宅して寝ていました。終電近くの電車で帰宅できたようです。

電気のありがたさを実感した出来事でした。

 

停電で役に立ったもの☆

実際に停電を体験して役に立ったものと足りなかったものをまとめてみました↓

役に立ったもの

懐中電灯

置いている家が多いと思いますが、電池切れや故障などで使えない場合もあります。

うちは2本ありましたが、1本は電池切れで使えず、電池を入れようにも電池もなく・・・

少しまえに使っていたものが壊れたので、ちょうど最近新しいものを買ってあったので助かりました。

 

カセットコンロとガスボンベ

今回の停電ではキッチンのガステーブルで火を沸かしましたが、以前鍋を食べていて30分ほど停電になった時に役立ちました。

真っ暗になりましたが、鍋はそのまま食べることができましたので☆

地震などの災害にも役立つので常備しておくと安心です。

 

キャンドルとキャンドルホルダー

IKEAで購入したお洒落なキャンドルホルダーとキャンドルが役立ちました。

普段はほとんど子どもが花火をするときに使っていますw

火なので、火災に注意する必要がありますね。広範囲を照らしてくれるランタンなどがあればいいのかなと思いました。

 

ソーラー充電式読書灯

カズペは寝る前の読書のために、いつもソーラー充電式読書灯を充電しています。

これもIKEAで購入したのですが、寝る前の寝室を照らしてくれてすごく役に立ちました。

火だと火災が心配ですので・・・

これがランタンの代わりになりました。

 

足りなかったもの

電池

電池が足りなくて懐中電灯とラジオが使えませんでした↓

 

ラジオ

防災用のラジオがあったのですが、故障していて使えませんでした↓

CDラジカセに電池を入れて使おうと思ったのですが、電池が足りず・・・

電池以外でも聞くことができるラジオがあると安心ですね。

 

モバイルバッテリー

持っていないので、タブレットを使うのに気を使いました。

ラジオが聞けなかったので、外と繋がっているのがカズペのケータイとタブレットと娘のスマホだけだったので。

普段ほとんど家にいるのであまり必要性が感じられなかったのですが、あったほうがいいですね↓

 

あったら便利なものまとめ☆

停電時に備えておくといいものはこちら↓

 

  • 懐中電灯(できれば家族分)
  • ランタン型電灯(電池以外でも充電できるもの)
  • キャンドルとキャンドルホルダー
  • ラジオ(電池以外でも充電できるもの)
  • モバイルバッテリー(電池以外でも充電できるもの)
  • 電池
  • カセットコンロとガスボンベ
  • カップラーメンなどの非常食

 

今回は8時間ほどで復旧したので少し困ったなで済みましたが、もっと長い停電を経験するかもしれません。

準備してあると思っていても、故障していたり電池がなかったりで使えないものもありました。

これを機にもういちど備えておくものを見直して、新たに懐中電灯と小さめのラジオとモバイルバッテリーを購入することに。

みなさんもイザという時のために、備えを見直してみてはいかかでしょうか?

 

 

停電時の備えについて知りたい方のお役にたてれば、うれしく思います。

停電は突然やってきます、とりあえず準備しておこう!

 

災害時のお金についてはこちら↓

防災用の現金を準備しておこう!小銭はいくら必要?

2018.09.16

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました★このブログはランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング