韓国語とはどういう言語?NHK・テレビでハングル講座4月(2018年度)

ハングルについて 韓国語

漢字が好きな私ですが、日本語のように漢字の影響を受けた言語を習ってみたいということで、4月からNHKで放送している「テレビでハングル講座」をみています。

白川静さんの「常用字解」を読んで漢字について考えてみた☆

2018.04.06

 

ハングルの中にある漢字語について、とても興味があります!

今回は学習を始めるにあたって、韓国語とはどういう言語なのか書いてみたいと思います。

韓国語で使う文字・ハングルとは?

ハングルとはハンが「大いなる」、グルが「文字」で、「大いなる文字」という意味です。

 

朝鮮王朝の第4代の王・世宗の命令によって1443年に創られて、1446年に「訓民正音」という書物の形で原理や使い方が発表されました。

1200年代から100年間のみ使用されたモンゴルのパスパ文字と似ているので、参考にしたのでは?という説もあります。

平仮名のように話し言葉を音で表した表音文字だけれど、平仮名や片仮名のように漢字からつくられたわけではないようです。

 

ハングルを使う言語は、北朝鮮では朝鮮語、韓国では韓国語と呼ばれていて、ハングルという文字名称も北朝鮮では別の呼び方になるそうです。

どちらも同じ言語だけれど、ややこしいな。

NHKの語学講座では、文字名称である「ハングル講座」にしていますね。「ひらがな講座」って考えると何か変ですが・・・。

現在の日本では韓国語と呼ばれることが多いのかなと思います☆

 

ハングルを使うこの言語は、朝鮮半島・移民の多いアメリカ・中国・中央アジアで話されています。

 

どうして漢字表記をやめたの?

「漢字廃止で韓国に何が起きたか」という呉善花さんの本によると、韓国では伝統的に漢字を用いて各種の文章記述や表現をしてきたそうです。

 

世宗王が漢字を読み書きできない人たちのためにハングルを創ったけれど、4百年もの間使われず、1900年代から漢字ハングル交じり文が一般に普及したそうです。

1968年より「漢字廃止・ハングル専用政策」が始まり、現在は漢字を使用しておらず、使えない人が人口の大半を占めるのだそうです。

 

また現在では、漢字教育を復活させようという動きもあるようです。

韓国語の語彙の約70%が漢字語(漢字に由来するハングルの単語)!だそうです。

漢字が読めないと、漢字を使っていた昔の書物を読むことができないのでは?と思いますが、どうなのでしょう?

 

平仮名だけになったような感じでしょうか?

日本語は平仮名だけになってしまったらかなり読みづらくなるけれど、韓国語は違うのかな?

この辺も学習していくうちにわかるといいなあと思います。

 

韓国語は日本人に習得しやすい☆

漢字由来の単語が多く、発音も似ています。

基本的には1つの漢字に対して1つの読みなので、漢字語の文字を組み合わせると、別の単語を覚えられるみたいです。

 

そして、日本語と語順がほとんど同じ!

中国語と同じで、読み書き中心に理解できるようになるのが目標です☆

中国語の講座もみて、中学生の子の勉強をみるうちに英語もやり直している状態です。

同じく漢字の影響を受けているベトナム語も習ってみたいのですが・・・NHKの講座には、ベトナム語はないのです。残念!

 

 

韓国語ってどんな言語?と思った方の参考になれば、うれしく思います。

とりあえず、韓国語もやってみよう!안녕~☆

 

 

5月の学習に続く↓

韓国語で自己紹介!NHK・テレビでハングル講座5月(2018年度)

2018.05.29

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました★このブログはランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング