費用がない人向け☆子どもの歯の矯正をしてみた。保険はきく?医療費控除は?

歯の矯正の漫画 お金の節約

子どもの歯の矯正をした方がいいか?

 

それはした方が見た目的にも健康的にもいいに決まっています。

歯の矯正は保険がきかず費用が高額になりますが、問題なくだしてあげられる方はいいのです・・・

 

今回は低コスト家庭の、子ども二人の歯の矯正体験談を書こうと思います。

 

歯の矯正ってお金がかかる☆

学校の検診で軽度の虫歯が見つかり、かかりつけの歯科で治療を受けているときに、娘の奥歯のかみ合わせが悪いので矯正が必要ですと言われました。

全体を綺麗に矯正すると総額で70万円程!かかりますと・・・

 

そして息子も、永久歯の前歯が外側に向かって斜めに生え始めていて、矯正しないといけないと言われました。

 

70万・・・本当にそんなにかかるの?と調べてみたところ、健康保険が適応されず全額負担であり、矯正歯科器具や矯正歯科材料は高額らしいのです。

フィギュアスケートのレッスンのために働いていたパート先で、子どもの歯の矯正費用を稼ぎにきているママさんがいました・・・。

 

唇顎口蓋裂、顎変形症など、矯正治療でも健康保険が適応される場合がありますが、歯科でなくても予防的な治療に関しては健康保険が適応されないのがほとんどなのです。

予防である人間ドックとかは自費ですよね。

歯の矯正も保険が適応してくれたらいいのにと思いますが、医療費が増加していて難しいようです。

 

外国のアニメやドラマには歯の矯正をしている子どもがでてきますが、外国人の方は歯の矯正に力を入れているみたいです。

外国では矯正費用が安いから、矯正する人が多いのでしょうか?

費用的にすごく安いというわけではないようですが、健康保険制度などがないことが多いため、虫歯になると自費で治療しなければいけません。

なので、見た目だけでなく虫歯や歯周病の予防という意味でも、歯の矯正という予防的な治療に積極的らしいです。

 

日本は虫歯になっても健康保険制度があるので、費用をあまり心配せずに治療ができます。

虫歯や病気の予防という点での意識がうすいのかもしれません。

・・・お金がかかるのはわかりましたが、ないものは払えません!

どうしても必要な部分を優先する!

歯科で費用のことを相談したところ、息子の方は前歯で見た目的にもめだつので前歯だけ矯正しましょうということになり、5万円でしてもらうことになりました。

 

娘の方は・・・見た目的にはすごくガタガタというわけではなく、いまいち必要性がわからずお断りしたのですが・・・

かみ合わせの部分だけでも治しておかないと、将来虫歯になりやすかったり体の健康にも影響があります!と言われ、こちらも5万円でなんとかしますとのことだったのでお願いすることになりました。

矯正がスタートしました

矯正というと、歯の表面にワイヤーをつけていてとても目立つのを想像していましたが、一部分だけということもあり目立ちにくい器具でした。

 

息子は8才ということで取り外せると失くしてしまう可能性が高いので、寒天が材料!の半透明な器具を取り外せないように前歯に取りつけました。

この状態で約4か月過ごしました。

 

娘は始めに上の奥の乳歯を2本抜いて、寒天が材料の半透明な器具を前歯全体につけました。

12才なので管理ができるだろうと、食事の時は取り外せるものでした。

この状態で約1か月過ごし、次に下の奥歯の内側に金属の矯正装置を取りつけました。

この状態で約3か月過ごしました。

 

息子の方は途中で外れて失くしたりで、器具の補修や作り直しがありましたが、ほぼ10万円で二人とも矯正できました

特に息子の前歯は生える方向が変わり、綺麗におさまっているのでビックリしました

 

娘もやってあげてよかったかなと思います。

器具をつけていたのは短期間ですが、歯はちゃんと移動しています。

目立たないからやらないと言っていた私を、説得?してくれた先生のおかげですね↑

これからも定期的にクリーニングに通って、歯の位置などチェックしていこうと思います☆

 

費用がなくても相談してみよう☆

歯科で指摘されても費用がないからできない、ローンしてまで・・・とあきらめるのではなく、どうしても必要な部分だけやるという方法もあるので、まずは相談してみてはどうでしょうか?

子どもで永久歯がおかしな方向に生えている時などは、早めに矯正してあげると期間も短くすみます。

矯正費用は高額になりますので、費用に納得がいかない場合は、いくつかの歯科で検討してみてください☆

 

あと、子どもの歯の矯正は医療費控除の対象になります。

大人が歯並びを美しく整えたいという場合は対象になりませんが、子どもの場合は歯や顎の正しい成長を促すこととして必要だと考えられるのです。

高額の費用がかかってしまっても、医療費控除をすれば所得税が還付されたり、住民税が減額されたりしてお得になります

うちも矯正をした年度の医療費控除をして、矯正費用が控除対象として認められています!

初めてでも簡単!医療費控除で還付金をもらう方法☆

2018.05.01

 

 

子どもの歯の矯正をしたいんだけど費用がないという方の参考になれば、うれしく思います。

歯の矯正を迷っている方、とりあえず相談してみよう!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました★このブログはランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング