短い時間で綺麗になる部屋づくり

毎日忙しくても、子どもがいても、
綺麗な部屋や時間を手に入れたい。
そんなあなたに
「モノを捨てて
掃除時間を短縮する方法」を
まとめてみました!
新年に向けて
片付いた部屋をめざしましょう☆

お掃除特集

4DX3D映画はアトラクション!子どもは何歳から大丈夫?

4dx映画 子連れお出かけ

子どもを連れて4DX3Dの映画を見たいけど、びっくりして泣き出さないかな?

途中でトイレに行けるのかな?

そんなパパ・ママの疑問にお答えします。

 

小学生の子ども(8歳当時)と観に行った体験談をもとに、4DX3Dを観る時の約束事・注意点・観た時の子どもの様子をまとめてみました。

この記事を読んでから観に行くと、より4DX3Dを楽しめますよ☆

では、詳しく紹介していきます。

 

4DX3D映画を観る時のルール☆

4DX映画とは体感型の映画上映システムで、4列のシート(座席)が一緒にシーンに合わせて前後と上下左右に動きます。

水や風、フラッシュ、煙、香りなどで演出効果をして、からだ全体でストーリーを感じる映画です。

 

3Dとは3D専用眼鏡をかけて、映像を立体的に体感できる上映方法です。

4DX3D映画では4DXと3Dが合わさって、さらに臨場感を体感できるのです。

カズペ
カズペ

ディズニーシーの「マジックランプシアター」みたいな、遊園地のアトラクションのような感じ!

 

普通の映画のように誰でも観られるわけではなく、妊婦さんやご年配の方、障害のある人は観ることができません。

そして子どもは身長100センチ未満はダメで、120センチ以下は保護者と一緒でないと観られません。

年齢ではなく身長で制限しているので、だいたい4歳(平均身長100センチ前後)ぐらいから観ることができます。

その他のルール

  • シートがゆれるので、大きい荷物はロッカーに入れること
  • 飲食はできるが、こぼれる可能性がある
  • 上映中は席を離れない

 

料金はこんな感じでした↓

4DX料金 +1,000円

3D料金 300円

3D眼鏡料金 200円(一度買えば次回も使える)

カズペと息子が行ったのは「USシネマ」でしたが、だいたいどこの4DX3D映画も同じ感じです。

 

子どもと観る時の注意点!

大人だとあまり考えずに観ることができますが、子どもだといろいろ心配なことがありますよね・・。

 

年齢はだいたい4歳ぐらいから観ることができますが、幼い子は特殊効果に驚いて泣いてしまうかもしれません。

観る映画の内容にもよりますが、暗い中シートが動いたり背中から振動があったりします。

息子が小学2年生で観た時は問題なく楽しんでいたので、小学生になっていればほぼ大丈夫だと思います。

カズペ
カズペ

ディズニーの「スター・ツアーズ」が大丈夫な子は心配ない☆

子どもと観る時は普通の上映と同じで、吹き替え版を選びましょう。

大人だけで観る時も4DX3Dの場合は吹き替え版がおススメです。3D眼鏡をかけて字幕を読んでいると、見えにくいし酔う可能性があります。

車に乗りながら本を読むと酔う人もいますよね・・・。

吹き替え版のほうが、画面に集中できます。

 

あと、子どもは上映中にトイレに行きたがりますよね?

うちも幼い時は上映中にトイレに行くために席を立っていました・・・。

カズペ
カズペ

途中でトイレ~と言われるとガックリくるのよ・・・

4DX3Dの場合はシートが動いている時は移動しずらいので、飲食はしない方がいいです

飲食は禁止ではなくても、飲むとトイレに行きたくなったり、食べ物をこぼしたりする可能性が高いです。

映画はアトラクションと違って長いので、観る前に必ずトイレに連れていきましょう!

映画が終わってからゆっくりお茶する方が安心ですね☆

 

4DX3Dはアトラクション!子どもとの体験談☆

これまでに子どもと4DX3D映画を2回観ました。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」では、宇宙での戦闘シーンに合わせてシートが動き、まるでディズニーの「スター・ツアーズ」だなと思いました。

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」は、嵐の中での戦闘シーンから始まりました。風や水やフラッシュの効果があり、とても臨場感がありました。

「ファンタスティック・ビースト2」は子どもが観ても楽しめる?
「ファンタスティック・ビースト2」を子どもと観に行きたいけど、楽しめるのかな。こんな風に疑問に思っているパパ・ママさんはいませんか?この記事では、「ファンタビ」と「ハリポタ」の関係性や、観に行く前にしておいた方がいいことを分かりやすく解説していきます。

水しぶきは感じますが、すごく濡れるということはなく許容範囲です。水が苦手という場合は、座席に水のオン・オフボタンがあるので、それで切り替えることができます。

静かなシーンの時に立ってトイレに行くことができます。どうしても子どもが我慢できなくなったら、連れて行くことができます。

戻るときも静かなシーンまで待つ必要があるので、できるなら途中で席は立ちたくないですが・・。

シートの揺れ具合ですが、息子は酔うことも無く最後まで楽しんでいました。うちは飲食はしませんでしたが、お隣の大人の方はすごくこぼすことも無く、普通に食べていました。

 

3D眼鏡は8歳の子供でもずり落ちてくることなく使うことができました。

眼鏡用のクリップタイプがあるのですが、普通タイプのものを使いました。

カズペ
カズペ

カズペは眼鏡の上から3D眼鏡をかけましたが、手で押さえることもなく使えましたよ。

おススメの座席の位置は、真ん中の中央よりです!

4DX3Dはシートが少なく配置がゆったりしているので、真ん中に座っても移動は楽です。

どうしてもトイレなどが心配だなと思う場合は、端の席にしたほうがいいですね。

前の方から特殊効果の煙がでるので、臨場感をすごく感じたい場合は前がいいです。

が、見上げる感じになるので少し観ずらいです。

反対に後ろだと臨場感に欠けるかな・・?という感じです。

 

戦闘シーンなどで特殊効果を体感することが多いので、アクション映画を観る時に4DX3Dを選ぶととても楽しめると思います!

 

まとめ

4DX3Dを子どもと観に行く場合の注意点をまとめてみました↓

  • 真っ暗な場所で揺れたり光ったりするので、未就学のお子さんは注意が必要
  • 吹き替え版を選ぶ
  • 観る前には必ずトイレに行く
  • 飲食はひかえた方が無難
  • 車酔いをする子は、念のため席は端の方に

 

4DX3Dは遊園地感覚でとても楽しいです。

通常料金より1,500円ほど高くなりますが、行く価値はあります。

 

子どもと映画に行くと途中で寝てしまうの~というパパ・ママにもおススメです。

暗い中で子供向けの映画を見ていると、ついついウトウトしていまうことありませんか?

4DX3Dだと寝れません!

カズペ
カズペ

料金損した!という後悔もなくなりますよw

子どもと4DX3D映画を観に行く方のお役にたてば、うれしく思います。

とりあえず、4DX3Dに行ってみよう!